断熱リフォーム、遮熱リフォーム、内窓の取り付け、サッシへのリフォームで、寒さ・暑さ対策を。 軽井沢の厳しい気候を快適に乗り切る断熱改修なら、ベストプランニングまでお気軽にご相談ください。

暖房、断熱改修リフォーム施工例一覧

家まるごと断熱リフォーム

軽井沢の寒い冬を乗り切るには、暖房の熱を効率よく使って屋内を暖め保温する必要があります。
そのためには断熱施工が必要です。屋根や天井に断熱材を吹き付ける断熱施工、床下から断熱材を張り付ける工法、古くなった壁面の断熱材の交換、開口部(玄関や勝手口ドア)のドアを断熱タイプに交換など、何かのリフォームの機会があった際に点検・確認し、断熱リフォームを一緒に施工することも可能です。

屋根の遮熱 夏の暑さ対策

夏の軽井沢、意外に暑いんです。照りつける夏場の日射しを受けた屋根から室内に入ってくる熱はかなりのもの。
それを遮断することができれば、最上階の部屋やロフトなどが快適に過ごせるようになります。
一般的には、屋根の内側に断熱材を入れて対処します。もちろん、熱がこもる2階やロフト、屋根裏部屋の換気も忘れずに。住宅の構造によってご提案も変わりますので、お気軽にご相談ください。

窓断熱

屋根や外壁・床の断熱以外で、オススメしたいのが窓ガラスを複層ガラスや真空ガラスに変更する窓断熱。
窓は外と室内との温度差が出やすく、結露の原因となる場所。結露の発生を抑えるためには、外の冷たい空気が暖かい室内へ入りにくい窓ガラスに変更する必要があります。
リフォームで複層ガラスに変えるためには、サッシまるごと変える方法と既存のサッシを残してガラスをアタッチメント付複層ガラスに変える方法があります。

内窓の取り付け

費用をかけずに窓の断熱を行ないたいという場合は「内窓」の取り付けが最適。
既存の窓の内側にもう1つ樹脂製のレール枠を取り付けて窓を設置するもので、2つの窓の間に挟まれた空気層が断熱効果のほかに遮音効果も高めてくれます。
既存のサッシに手を加える必要がないために工事も簡単。採寸は事前に1箇所づつ行うのでピッタリと収まります。内窓の場合は複層ガラス、防犯ガラス、木製サッシ、樹脂サッシと様々な種類から選べるのも特徴です。

断熱・気密のお見積もり、施工に関するお問い合わせなど、お気軽にご相談ください!

軽井沢でよく聞くのは、部屋が暖まらない、窓が結露する、暖房の利きが悪く、とても冬は滞在できないという声。 ベストプランニングでは軽井沢の四季を快適に過ごすための、別荘にピッタリの断熱リフォームを行っています。断熱は家全体の熱の出入りを抑えるのが目的なので部分的に行っても効果がありません。外気に触れる床、外壁、天井の全てに断熱材をびっしり入れなければなりません。こうすることで床や外壁、屋根から逃げていく熱を抑えたり、逆に夏場は日射熱を遮断できるのです。断熱材は壁の中に入れますから、壁を剥がさないとできません。したがって耐震補強と同じく、リフォームの時が絶好の機会です。どうせ内装をやりかえるなら、断熱材の入替えも行えば良い訳です。足の冷えの解消や、夏場の暑さ対策として、簡単な断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

CONTACT

どんなことでも気軽にお問合せください