軽井沢で新築の別荘を建てたいと思ったときに、いくらくらいの費用になるのか気になりますよね。

軽井沢と一口に言ってもエリアごとに土地の価格が異なります。

また、傾斜地と平坦地では建設費用も異なることなります。

今回は、一般的な軽井沢のエリアごとの土地の相場、建築予算別の注文住宅の例をまとめてみました。

別荘建築費用はどのくらい見ておくと良いのか?

別荘建築費は、一般住宅と同じで、土地+設計施工費用+税金などの諸費用の合計額となります。

土地代は立地や広さで大きく変わり、設計施工費用も自由に選べるため、注文住宅の例で一般的な予算例を参考にされてみてください。

そのほか、ライフラインの引き込み費用、温泉の権利取得費用などで、数十~数百万円の費用が掛かる場合があるため、注意が必要。

 

軽井沢の一般的な土地相場

軽井沢は6つのエリアに分かれており、それぞれのエリアで土地の相場が異なります。

最近では、移住希望やセカンドハウスの需要も多いため、土地の相場も変動している場合もありますので、あくまで目安として参考にされてみてください。

 

1.旧軽井沢エリア

軽井沢の中心地で、最も相場が高いエリアで旧軽井沢銀座に近いほど、相場は高い傾向に。

土地の相場は坪単価60万円~と他のエリアに比べるとかなり高くなっています。

 

2.南ヶ原・南原エリア

軽井沢駅が近くにあるためアクセス良好。

旧軽井沢に次いで人気のエリアで、土地は坪単価20~40万円が相場といわれています。

 

3.新軽井沢エリア

別荘地の他、利便性が高いため定住地としても人気のエリア。

別荘地だと、坪単価で30万円前後が相場といわれています。

 

4.中軽井沢エリア

中軽井沢駅周辺のエリアで、地元住民も多い場所。

土地は坪単価10~20万円前後が相場。

 

5.南軽井沢エリア

上越自動車道・碓氷軽井沢インターチェンジ近くのエリア。

土地相場は、坪単価で10~20万円前後と言われています。

 

6.追分エリア

軽井沢西部のエリア。

軽井沢駅から車で15分程度の距離の場所。

土地相場は坪単価で~10万円と一桁台も多くなるエリアです。

また、傾斜地は平坦地に比べると土地代は安くなりますが、別荘建築費用が高くなることが多いです。


今回は土地の相場の目安をまとめました。

次回は一般的な建築費用の目安をお届けします。

 

別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームのことなら、ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

施工例一覧

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share