少し前に、やっと自分用のスケールを購入した井出です。

買おう買おうと思いつつ、私自身はなかなか実際に使う機会がないため

先延ばしになってしまっていました(^^;)

 

 

これには、『メジャー』『巻き尺』『スケール』など様々な呼び方がありますが、

正式名称は『コンベックス』というそうです。

先日、そんなコンベックスについて、スタッフ大内から、

『この矢印って、何を意味してるか分かる?』と聞かれました。

 

 

全くわからない私。聞いてみると、

建築でよく使用する寸法を見やすくする工夫とのこと。

 

 

日本の木造住宅では、

一間=6尺=1820㎜・半間=3尺=910㎜

といった尺モジュール(寸法単位)というものを基本単位とし、

設計が行われています。

 

矢印が書かれているところを見ていくと、、、

455㎜・・・半間の半分(1尺5寸)

910㎜・・・半間(3尺)=畳の短手方向の高さ

1365㎜・・・半間(3尺)と、半間の半分(1尺5寸)=4尺5寸

1820㎜・・・一間(6尺)=畳の長手方向の長さ

・・・となっていました。

 

ちょこっと矢印が付くだけの、ほんの小さな工夫ですが、

この矢印が、職人さん達の作業をスムーズにしてくれています。

(ちなみに、私が少し前に購入した300円のスケールには

こういった矢印マークは記入されておらず、、、(笑)

もう少し本格的なものでないと、矢印はついていないようです(^^;)

 

建築の事を全く知らずに入社して早1年3カ月。

また一つ新しい知識を増やすことが出来た、ベストプランニング井出でした。

 

 


別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームのことなら、ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

リノベーション・リフォームにご興味のある方・ご相談のある方は【お問い合わせフォーム】よりお問い合わせをお願い致します。

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share