電話でお問い合わせ

お問い合わせフォーム

別荘の利用としては、週末だけの滞在や夏の間だけなど普通の住宅に比べると不在期間が長くなることが多いですよね。

毎日使用していない水まわり、何もしなくても経年劣化などで寿命になってしまうことがあります。

水まわり(キッチン、お風呂、洗面所、トイレ)は、生活の中でよく使う場所でもあり、放っておくと黒カビ・ピンク汚れ・ぬめりといった3大汚れや雑菌が水まわりを汚していきます。

その汚れを放置すると、水漏れ、洗面所のひび割れ、お風呂のシロアリ被害など家の寿命を縮める可能性も出てきます。

そうなる前に、水まわりのリフォームタイミングやチェックする箇所などを場所ごとにまとめてみました。

キッチン

一般的には15~20年といわれてますが、使用頻度や手入れの仕方が違ってくるので、時期だけの判断は難しいです。

・蛇口からの水漏れ

経年劣化が主な原因のため、リフォームの大きなサインになります。

水栓の接続部位や蛇口の付け根からにじみ出てくる水漏れなどをチェックしてみましょう。

・排水口の臭い、詰まり

お風呂やトイレの排水口と違ってキッチンの排水口はひどい臭いを部屋に充満させます。

排水口はキッチン下の収納棚に面しているので、湿気やカビが繁殖しやすいのでこまめにそうじをしましょう。

・ガスコンロの汚れ具合

ガスコンロの寿命は10~15年程度といわれていますが、料理をする機会や毎日の手入れがちゃんと行き届いているかどうかで違ってきます。

・シンク下の水漏れ異常な湿気

シンクの下が水漏れを起こしていたり、異常に湿気を感じた場合は排水関連をよくチェックしましょう。

排水管のゴムパッキンの劣化、排水管のネジの緩み、排水管・ホースからの水漏れ、排水管詰まって逆流している等がよくある原因としてあげられます。

キッチンは経年劣化の他に対面キッチンへのリフォームが多いです。

壁付けのオープンキッチンから憧れの対面キッチンにしたい場合、十分はスペースが取れないと調理台側のスペースが狭くなり、以前より使いにくくなってしまい仕上がりが窮屈になるケースもあります。

キッチンは目的によって選び方が変わる?別荘での過ごし方は?

キッチン

お風呂

一般的な寿命は15~20年といわれていますが、メンテナンスや使用頻度で変わってしまうためキッチン同様に、時期だけで判断するのは難しいです。

・浴槽やタイルのひび割れ

ひび割れにも2種類あり、お風呂場を長期間使用していると物理的な接触や経年劣化によって、浴槽やタイルにひび割れが起こります。

物を落としたりして小さなひび割れなどは自分で修繕しても特に問題はないですが、経年劣化の場合は注意が必要です。

とくに思い当たる節がなくひび割れが起こっている場合は、お風呂まわりの柱や土台が歪んでいることが考えられます。

・お風呂場入り口のフローリングの傷み

お風呂場入り口のフローリングには洗面台や洗濯機、お風呂場が面しるので、湿気や水気が多く発せられます。

フローリングは風通しがあまりよくないので、湿気や水気が溜まりやすいです。

また、フローリングと浴室の境目は、お風呂から上がった時に身体から滴り落ちる滴が間に入りやすい場所です。

水滴や湿気が境目から染みこんでいくとフローリングを腐敗させていきます。

お風呂

トイレ

便器やタンクは陶器製のため非常に長く使うことができます、部分によっては消耗品が使われているため、だいたい10~20年程度で交換する必要があります。

・トイレからの水漏れ

水漏れがあった場合、給水管の接続部分、止水栓付近、排水管接続分、タンク付近を確認してみましょう。

多くの原因としてゴムパッキンの劣化、ナットやボルトのゆるみが多いです。

・ウォシュレット便座の故障

最近のウォシュレットは従来の便座と比べて3倍の節水効果があり、機能を比較しても非常に便利なものが多いです。

ウォシュレット便座は家電と同じ扱いのため、だいたい10年程度で不具合が発生しやすいです。

多機能な製品も多いので、機能が多いほど故障やトラブルが発生する率は高くなります。

保証期間内なら修理を検討し、期間が過ぎているようならリフォームを検討してもよいかもしれません。

・トイレへの不満感

トイレがきれいだと気持ちがいいですよね。

使用する分に特に不満がなくても、もっと快適に使いたい、よいデザインのものに変更したい、掃除しやすいトイレにしたい、操作しやすいものに替えたいなど思ったときは変え時かもしれないです。

 

洗面台

洗面台にも寿命があり、15~20年程度といわれています。

使い方やメンテナンス次第では10年程度で不具合がでたり、20年以上使えることもあります。

・洗面ボールのひび割れ

洗面ボールは陶器でできているものが多く、きれいに長く使うことができます。

長く使用すると、うっかり物をおとしたり、経年劣化で日々が入ったりすることがあります。

ひび割れをそのままにしておくと、水が漏れ出し洗面台の下まで水が滴り落ちて二次被害の発生につながってしまうので、早めの対処が必要です。

・シャワーホースの水漏れ

洗面台のシャワーホースは伸ばしたり戻す作業を頻繁に行います。

ホースの摩擦と経年劣化で穴が開いたり、接続部分のゴムパッキンが水漏れを起こすことがあります。

シャワーホースの寿命は10年程度のため、その時期を目安に交換を行う必要があります。

シャワーホースのタイプには交換できるタイプとできないタイプがあるので、不具合があった場合は確認してみましょう。

まとめ

多くの水回りの寿命は15~20年といわれていますが、そこに付属する消耗品がある場合、家電と同じ扱いや使用頻度、経年劣化などで部品等が10年程度で故障してしまう場合もあります。

劣化以外にも、汚れが目立ってきたり、キッチンなどは収納不足や使い勝手が気になってくることもあります。

最新の水回り設備は、掃除がしやすく、収納力があり省エネ性能に優れています。

10年前の製品と比べると色々と進化をしているので、「もっと快適に便利に過ごしたい!」という気持ちが強くなったらリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

リフォームすることで、快適に暮らしたり光熱費の削減につながることもあります。

また、リフォームは関連工事をまとめて行うことで効率も上がり、その分費用を安く抑えることもできます(*^-^*)

 

別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームのことなら、ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

リノベーション・リフォームにご興味のある方・ご相談のある方は【お問い合わせフォーム

又は、フリーダイヤル0120-036-405までお電話ください。

 

【関連記事】

施工一覧

水まわりのリフォームからリノベーションにプラン変更!

別荘の水抜きとは?しばらく使わないときに気をつけること

中軽井沢地区で進行中の現場では、独立型キッチンからLDKに変更を行っています!

 

Contact

軽井沢の別荘のことなら、なんでもお問合せください。

東京都内でお打ち合わせすることも可能です。別荘のデザイン設計、リフォーム、施工工事、外構エクステリアのご質問・ご相談は、軽井沢在住のベストプランニングへ。

;