電話でお問い合わせ

お問い合わせフォーム

軽井沢に別荘を持ちたい。

そう思ったときにやることは、土地探し(物件探し)ですよね。

今回は、土地を探して新築を建てたい場合に気を付けることをまとめてみました。

 

土地を購入する前に確認すること

土地にはエリアごとに使用目的が定められています。

農地は「農地法」によって地目の変更が難しく、「農地転用」という手続きを踏まなければなりません。

地元の農業委員会に届けを出したり、土地の広さによっては都道府県知事や農林水産大臣の許可を取る必要もあり、時間がかかってしまいます。

軽井沢町くらしマップで都市計画図が確認できます

隣の土地との境界線

しっかりと地籍調査が進んでいないエリアでは、隣地との境界があいまいであることも多々あります。

隣の家と共用になっている私道が本来はどちらの土地なのかが明確になっていない場合もあるので、土地を売りに出している販売業者に確認。

必要に応じて境界線を確定することも重要です。

後々のトラブルを起こさないためにも、土地の境界は費用を払ってでも明確にしておきましょう。

上下水道の設備があるのか

気に入った土地が住宅用地として造成されていない場合、上下水道が設備されていない可能性があります。

その場合、既存の水道管から引き込み工事を行わなければなりません。

水道管からの距離や自治体の定めによって引き込み工事費用が決定。

下水道も同じく費用がかかります。

地盤調査が必要

畑や田んぼで住宅用地ではなかった場合、もともと家を建てる目的ではない土地ですよね。

そのために、家を建てても問題がない強度なのかを判断するために地盤調査を行います。

頑丈かどうかは地盤調査を行ってみなければわかりません。

近くで畑や田んぼなどの農地を宅地にしている方がいる場合は、地盤改良がどのくらいの費用がかかったのかを訪ねることができれば、おおよその費用の目安にはできますね。

 

まとめ

家を建てるには、水道、ガス、電気などのライフラインが通っているか確認が必要です。

もしライフラインがないところの土地であれば、通すための手配も必要です。

別荘建築をご検討中の場合、土地を購入する前に弊社にご相談ください。

土地・建物を新しく購入するとなると、やっぱりそれなりの値段になってしまいます(;^ω^)

中古物件の場合は、新しく購入した時の半額以下で購入可能な物件がみつかる場合もあります。

 

 

別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームのことなら、ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

リノベーション・リフォームにご興味のある方・ご相談のある方は【お問い合わせフォーム】又は、フリーダイヤル0120-036-405までお電話ください。

 

【関連記事】

軽井沢に家を建てる『土地から探してほしい』との依頼が多くなっています!

軽井沢に移住したい!土地探しと理想の暮らしで気を付けること

今なぜ軽井沢移住なのか。定住者が増え続けている理由とは

 

Contact

軽井沢の別荘のことなら、なんでもお問合せください。

東京都内でお打ち合わせすることも可能です。別荘のデザイン設計、リフォーム、施工工事、外構エクステリアのご質問・ご相談は、軽井沢在住のベストプランニングへ。

;