電話でお問い合わせ

お問い合わせフォーム

どこからともなくカッコウの声が聞こえ、初夏を感じるこの頃です。

この週末はお天気が崩れるようで、軽井沢もそろそろ梅雨入りとなるのでしょうか。

6月1日から、星野エリア・ハルニレテラスでは毎年恒例の「アンブレラスカイ」が始まりました。

今年は紫陽花のオブジェなどフォトスポットが増えてパワーアップ!雨が降ってウッドデッキが濡れると、デッキに森の生き物たちが浮かび上がる仕掛けもあるそうです。

今の時期に軽井沢を訪れるなら、本当は晴れた日の新緑を眺めたいのが本音。

しかし例え雨が振ってしまっても、また別の楽しみや美しさを感じられるのが軽井沢の良いところです。

 

 

さて。気温が上昇すると出てくるのが…そう、虫問題です!

私自身も移住した当初は虫が大の苦手で…家の中でちょっと大きめの蜘蛛なんかを見つけた日には大騒ぎでした。

特に、以前にこちらのブログでもご紹介したカマドウマの存在は衝撃でしたね。

細く長い足がなんとも気持ちが悪く、さらには驚くほど跳躍するので、捕まえるのも怖くて。

とはいえ軽井沢で暮らすということは、自然と共存するということ。自然の中に虫がいるのは当たり前です。

ドア開閉のタイミングでハエが中に入ってしまったり、カメムシが天井から落ちて来たり。そんな環境で生活していたら、もうすっかり慣れました!(笑)

我が家もそうなのですが、ペットを飼っていると殺虫剤の類はあまり使いたくない…効果絶大とまではいきませんが、虫除けキャンドルを焚くなどして工夫しています。

ちなみに軽井沢のホームセンターには「ナイス蚊っち」というラケットの形をした蚊・ハエ撃退のアイテムが売っています。

これがなかなか使える道具でして、手元のスイッチを押すとラケットの網部分に電流が流れる仕組み。最初は振り回しても振り回しても捕らえられなかったのですが、最近じゃ壁際に追い詰めて一発です(笑)。

 

 

また、これからの時期はちょっとお散歩に出るときでもUV対策と虫除けが必須。

軽井沢は標高が高いため、実は紫外線がかなり強いんです。

油断しているとあっという間にシミができてしまうので、絶対に素顔で外に出ない&できるだけ長袖を着ることを心がけています。

長袖を着るのは虫対策にも効果的。特に夏の夕暮れ時は素肌を出していると危険です。ブヨに嚙まれてしまいます。

ブヨだけは、虫除けをしていても噛まれてしまうんですよね…私は移住してから2年連続で足がパンパンに腫れました(涙)

あと、夏場はフローラル系の香水をつけないようにしています。

うっかりつけてしまったが最後、延々と蜂に追いかけ回されます…!お気に入りのジョーマローンはしばし封印。

夏の間はティーツリーやハッカなど、虫の嫌がるアロマが香水代わりです♪

 

ちなみに昨年の我が家は、大いに蜂に泣かされました。

家の軒下にスズメバチの巣ができてしまい、wifiが切断されるという事件が起きたんです。衝撃的でした。

しかもそちらが片付いたと思ったら今度は換気扇の奥に再びスズメバチの巣が見つかって…。

すぐに駆除の方が来てくださって助かりましたが、田舎暮らしの洗礼を受けたような気がしましたね。

 

自然とともに暮らす以上、虫との遭遇は避けて通れない道。

とはいえきちんと対策さえできるようになれば、今はそう大きな問題ではないです。

家の中で出会ってしまっても「あら、いたのね」と平常心で対応できるくらいになりました(笑)

何でも経験、何事も慣れですね。

 

別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームまで。ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

リノベーション・リフォームにご興味のある方・ご相談のある方は【お問い合わせフォーム】又は、フリーダイヤル0120-036-405までお電話ください。

 

【関連記事】

軽井沢移住のリアルとは。東京から移り住んで変わったこと・変わらないこと

軽井沢の別荘でよく見かける虫~その①~「カマドウマ」の対策!

軽井沢の別荘でよく見かける虫~その②~「カメムシ」の対策!

Contact

軽井沢の別荘のことなら、なんでもお問合せください。

東京都内でお打ち合わせすることも可能です。別荘のデザイン設計、リフォーム、施工工事、外構エクステリアのご質問・ご相談は、軽井沢在住のベストプランニングへ。

;