事務所紹介ブログ、第2回目のテーマは『打ち合わせスペース』。

ここは弊社事務所にお越しいただいたお客様が一番はじめにご覧になる場所。

今回は打ち合わせスペースについて、陽子さんからお話を聞きました。

 

Q:打ち合わせスペースをご覧になられたお客様の反応はいかがですか?

A:まず、広さに驚かれることが多いです。

天井も高く、ここまで広々とした打ち合わせスペースも他になかなか無いのでは。

この建物が元々和食屋さんだったことをご存知のお客様はさらに驚かれます(笑)。

和風のイメージが強く残っているようですが、写真のとおり和食屋さんの頃とはかなり雰囲気が変わっていますので。

 

Q:かなりのイメージチェンジに、全てを入れ替えてしまったかのような印象さえ受けますが、

 当時のものをそのまま活かした箇所もあるのでしょうか。

A:床タイルと、タイルの下にある床暖房設備は、当時のものを磨き直してそのまま使用しています。

存在感のある梁も、色を塗り替えることで今の事務所のテイストにも馴染み、良いアクセントになっています。

逆に、新しくデザインし直した箇所は色々と頭を悩ませることが多かったです。

例えば、床には玉砂利が敷いてあったのですが、どんな素材を使用するか決まるまでに時間がかかりました。

最終的にはチークの木材タイルを敷くことで、既存のタイルと合わせても違和感の無い仕上がりとなりました。

 

Q:前述にもありましたが、ここは広さも十分にあります。

 打ち合わせスペースだけに使用するのは勿体ないような…。

A:現状、このスペースの主な用途はお客様との打ち合わせですが、社長はこのスペースを単なる打ち合わせ場所ではなく、多目的スペースとしての活用も視野にいれて設計しています。

実際に、今年はゴールデンウィークにこのスペースでバーベキューをしたりしました!

今後は社内だけでなく、もっと外部の方にも使っていただけるようになるのが理想的ですね。

用途に沿った空間デザインはもちろんですが、既存のものを活かし、柔軟な発想で汎用性の高い空間を作り上げるのは社長の得意分野でもあります。

 

Q:実際にこの打ち合わせスペースに座ってみると、

 事務所内には多種多様な素材が使われていることに気づきます。

 このようになった理由はあるのでしょうか。

A:私たちは軽井沢を熟知した建築のプロとして、住まいについて様々な角度からお客様にご提案できるようでありたいと考えています。

そのためにはまず自分たちが実際に使用し、体感することで、感想を踏まえてお客様とお話することができます。

また、壁ひとつとっても事務所内は塗り壁・板張り・珪藻土・タイルなど…様々な素材を使用して建築されています。

ただ画面上でサンプルを見るよりも、実際に建物の一部として使用しているところをご覧いただく方が、これから建てる住まいについてより具体的な想像につながると感じています。

 

 

ショールームも兼ねたベストプランニングの打ち合わせスペースは広々としていて開放的です。

担当者と話をしながら、素材に触れられるのも嬉しいですね。

多種多様な素材を使いながらも、それらが事務所全体でうまく調和しているところも必見です。

こちらのブログは事務所紹介③に続きます!

 

関連ブログもどうぞご覧ください😊⇩

ベストプランニング事務所紹介① ~事務所移転の経緯と、物件購入~

ベストプランニング事務所紹介③ ~小上がりは、アウトドアリビングへ~

ベストプランニング事務所紹介④ ~男性は格好よく、女性は華やかに。レストルーム~


別荘や移住など軽井沢での土地探しから、新築・リノベーション・リフォームのことなら、ワンストップでサポートできるベストプランニングにお任せください!

リノベーション・リフォームにご興味のある方・ご相談のある方は【お問い合わせフォーム】又は、フリーダイヤル0120-036-405までお電話ください。

施工例一覧

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share